新潟市東区松崎1-2-21
コーポサンシャイン1Fテナント

頭痛とは

頭が痛いと書いて「頭痛」という言葉になりますが、外部からの刺激で負傷したことによる頭の痛みという意味ではありません。どちらかというと、外側ではなく内側から起こる頭の痛みが「頭痛」と呼ばれるものとなります。頭痛には、「日常的な頭痛」と「慢性頭痛」、そして「脳の病気による頭痛」があります。
日常的な頭痛
頭痛には、まず風邪をひいたことで起こるものや、お酒を飲みすぎて「二日酔い」の症状として起こるものがあります。風邪が原因の頭痛は、風邪が治ることで、頭痛も解消されます。病院で適切な治療を受けた後、安静にすることが大切です。風邪によく似た症状のインフルエンザの場合も同様です。
二日酔いによる頭痛は、時間の経過とともに治まってくることがほとんどです。水分を補給し、安静にすることが対処法となります。間違っても「迎え酒」などをしないようにしてください。

慢性頭痛(一次性頭痛)
「慢性頭痛」は、頭痛そのものが持病となるタイプの頭痛です。頭痛を訴える人のおよそ80%がこの「慢性頭痛」に該当します。慢性頭痛には、「片頭痛」と「緊張型頭痛」と「群発頭痛」の3つの種類があります。
「片頭痛」は、名前の通り、頭の片側がズキズキと痛むタイプの頭痛です。女性に多く起こりやすい頭痛と言われています。吐き気なども同時に起こることもあります。疲労やストレス、寝過ぎや寝不足、気圧の変化や生理周期などが原因となっています。

「緊張型頭痛」は、頭が何かに締め付けられているかのような痛みが特徴の頭痛です。パソコンを長時間使用する仕事や、運転手など目の疲労が溜まりやすい人に起こりやすいようです。肩こりが併発することも少なくありません。
「群発頭痛」は、片側の目の奥に、一定の期間集中して激しい痛みを伴うのが特徴です。男性に多くみられる頭痛であり、体内時計の変化と関連しているのではないかという説があります。
脳の病気による頭痛(二次性頭痛)
「脳の病気による頭痛」には、突発的に普段とは異なるタイプの頭痛が起こるものが当てはまります。
脳腫瘍やクモ膜下出血、脳出血や脳梗塞、高血圧や髄膜炎、顎関節症や精神疾患などが原因となるようです。命に関わるものもあるため、速やかに病院で医師の診断を受けるようにしてください。
二次性頭痛には、頭痛薬などの服用回数が多すぎることで起こる「薬物乱用頭痛」も含まれます。前述した風邪や二日酔いなどが原因の頭痛を「二次性頭痛」に分類する考え方もあるようです。

今年こそ本気で頭痛を治したい方今すぐお電話ください!

ホームページ限定!

期間限定今月末まで

もし今の症状を抱えて生活してくのが嫌なら今すぐお電話ください!!

メールでのお問い合わせ・予約はこちら

もし今の症状を抱えて生活してくのが嫌なら今すぐお電話ください!!

025-288-1174

受付時間8:00~20:00

お問い合わせ・ご予約はこちら

※営業時間は8:00~20:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約して頂くと待ち時間が無く診察を受けることができます。

当院の予約が「LINE」 で簡単にできるようになりました!当院へのご質問やお身体のお悩み相談もお気軽にご相談ください!

「LINE@」でもご予約ができるようになりました!

当院の予約が「LINE」で簡単にできるようになりました!
当院へのご質問やお身体のお悩み相談もお気軽にご相談ください!

ラインでご予約方法

1.友だち追加

まずは、以下の「友だち追加」ボタンを押して友だち登録をしてください。

友だち追加をして予約する

2.メッセージを入力

「お名前」と「ご予約希望日時」をお送りいただきましたら、こちらからご連絡させて頂きます。

電話をかける

LINEで予約